住宅ローンについての知識を、詳しく丁寧に解説するサイト『住宅ローン講座』

●●●ローンの金利●●●

【住宅ローンの金利】

住宅ローンの金利というのは各金融機関によっても違っていますし、金融機関の中でも住宅
ローンの金利は商品ごとに変わっています。
住宅ローンはたくさんありますが、どれを選ぶかは悩むところだと思います。
どの金融機関から借りればいいのか、住宅ローンで悩んでいるという人は、金利で比較して
みるといいでしょう。
金利で比較するといってもいろいろと種類があり、なかなかすぐには決められないのですが、
金利のタイプをまずは見てみましょう。
自分の住宅ローンの金利のタイプを見てみて自分にあった金利を選べば、どこの金融機関で
住宅ローンを借り入れするのかスムーズに決めることができます。
住宅ローンの金利というのは種類が色々とありますが、民間の住宅ローンの金利の種類には
固定金利選択型、全期間固定型、変動金利型といった金利のタイプがあります。
ですから自分がどのような住宅ローンの金利の種類で住宅ローンを借りるのかを考えてから、
そのタイプにあった金融機関の住宅ローンを借り入れするというのが一番スムーズに住宅
ローンを決める方法といえるでしょう。

【固定金利】

住宅ローンの固定金利について紹介していきたいと思います。
住宅ローンの固定金利とはなにかというと、住宅ローンというのはとても高額で長い借入の
ローンですから、固定金利が大事だといわれています。
固定金利というのは、住宅ローンの借り入れの時に返済するまでの金利が決まりますから、
毎月の住宅ローンの返済額も明確にわかりますし、総返済額の上限もわかります。
住宅ローンに固定金利を選べば、将来の返済計画も立てやすいのがメリットになります。
しかし固定金利にもデメリットはあります。
住宅ローンの固定金利を選び借り入れた後、金利が下がったとしても自分の住宅ローン金利
は下がりませんから、負担が大きくなるということが固定金利のデメリットです。
しかしこうなってしまった場合でも、金利の低いところの住宅ローンに借り換えをすれば、
このデメリットを回避することも十分に可能です。
住宅ローンの固定金利の場合、将来的に借り換えしやすくしておくためにも繰り上げ返済を
してローンの残高を減らしておけば、住宅ローンが下がったときでも安心でしょう。

【変動金利】

住宅ローンの変動金利についてですが、これから住宅ローンを組もうとする人の中には変動
金利にする人も多いのではないでしょうか。
住宅ローンの変動金利は金利が低いというメリットがあると言えますが、その一方で金利が
上昇することがあるというデメリットもあります。
金利の上昇のデメリットがなければ住宅ローンは変動金利がいいのですが、金利が上昇する
ことがあります。
住宅ローンのローンの残高が少なければ、金利が上昇する際の負担も抑えることができます
から、繰上げ返済で対処するといいいでしょう。
住宅ローンの金利の上昇を減らすことは、やはり住宅ローンの残高を減らすことに繋がると
思いますから、繰り上げ返済をしていけば住宅ローンの金利が上がっても困らないでしょう。
住宅ローンを組む際に変動金利の内容やメリット、デメリットについてもきちんと理解した
うえで住宅ローンを組むようにすると将来の返済計画がスムーズに立てれるでしょう。